chinaworld のすべての投稿

(55)これからの広東省

日時:2017年7月20日(木)12時30分~14時
場所:東莞/南城
テーマ:これからの広東省
主催:谷口氏

(54)風俗一掃摘発後の東莞の状況

日時:2017年7月19日(水)12時30分~14時
場所:東莞/東城
テーマ:風俗一掃摘発後の東莞の状況
主催:VINCENT氏

(53)商品写真撮り方

日時:2017年7月18日(火)12時30分~14時
場所:チムサーチョイ
テーマ:商品写真撮り方
主催:チャイナワールド

(52)大人の修学旅行(世界中のゴルフ場めぐり)

日時:2017年6月22日(木)12時30分~14時
場所:チムサーチョイ
テーマ:大人の修学旅行(世界中のゴルフ場めぐり)
主催:星山氏

本業の金融・保険業を営む傍ら、趣味のゴルフが高じて、競技志向、中上級者のためのアジア各国の有名ゴルフ場ガイドhttp://www.kimigolf.com/about.html

まで立ち上げたという星山 公利氏が講師。

ゴルフは34歳で香港に来てから本格的に始めたものの、ホームコースのDiscovery Bay GC(香港)では、2004年度クラブチャンピオンという言わずもがなの腕前。

きっかけは、1990年代後半にアジアに自分がゴルフ旅行に行こうと思った時に、どこの国のどのコースでプレーしようか自分自身で迷ったことからとか。

さらに、そのサイトを見た評価委員から声がかかり、現在は、2014年からゴルフコース評価機関 Top 100 Golf Courses in the Worldにおける世界中で20人のゴルフコース評価委員の1人というから驚きです。http://www.top100golfcourses.com/

基本的に新規コースのみというコース選びで、2003年から現在までの間、訪れたゴルフコース数は1,050コース。特に多かったのは、2006年度の120コース、2017年度も同様の120コースを計画中とのこと。

世界中をゴルフバックを片手に訪れる星山氏は、世界中に友人も多い。「一日2ラウンドは当たり前で、その後は観光・料理を楽しみます!」とパワフル!

観光先のエピソードも満載で、すっかり魅了されました。

「女性はともかく、男性は年齢とともに友人を作るのは難しくなりますが、その点ゴルフは一挙に距離を縮めてくれます。いい友人を作ることが幸せのバロメーターですね」と星山氏。

参加された方々も、趣味の次元を超えたエピソードに驚きと爆笑の連続で、大変勉強になりました。ありがとうございました。

(51)超激辛 湖南料理の試食

日時:2017年6月21日(水)12時30分~14時
場所:深圳/坪山
テーマ:超激辛 湖南料理の試食
主催:中島氏

数ある湖南料理店の中でも、極めつけの辛い料理を出す湖南料理店での昼メシ会。湖南の人達が普通に食べる料理は、とてもじゃないが我々日本人の手に追えるものではなかった。

料理があまりに辛いため、その合間に飲んだレッドブルは格別の味だった。

(50)中国で拡販する―手法・ルート・調査―

日時:2017年6月20日(火)12時30分~14時
場所:広州
テーマ:中国で拡販する―手法・ルート・調査―
主催:太田 氏

当初、参加者が8名のところ、11名に増えたため、若干手狭な感じでスタートしたものの、そんなことを感じさせないほど、活発な意見交換の場となりました。

スピーカーの太田さんが、参加者全員に質問されたこともあり、みなさま、自分の経験も交えながら中国での販売について熱く語り、ほぼ全員が積極的に発言するという白熱した昼メシ会となり大満足です。

また終了後、参加者のみなさまにお礼のメールをご案内したところ、「普段会えないような人にあえて良かった!」という満足度の高い感想がほどんどでした。

どうしても広州での開催日は限定されますが、今後も定期的に広州で開催したいと思いました。

(49)中国就業ビザに関する最新情報

日時:2017年5月24日(水)12時30分~14時
場所:チムサーチョイ
テーマ:中国就業ビザに関する最新情報
主催:宮城 氏

2016年11月「中国が外国人就労者をランク付け」という、中国就労VISAの規制強化を図るニュースが日本でも話題になりました。

特に、外国人就労者をA類(ハイレベル人材)、B類(専門人材)、C類(一般人材)に分類しランク付けということで、外資系企業や現地で働く外国人就労者の多くが困惑している様子が広く報道されたのも記憶に新しいかと思います。
※ランクは、下記項目にチェックすることでポイント合計で判断というものです。(参照)

そして今回は、いよいよ2017年5月このランク付けが開始ということで、「深セン」における最前線の現場情報を、経営コンサルタントの宮城 紀生氏にガイダンスいただきました。

まず、【新規就労許可】については、報道された当初は、そもそも提示された基準項目が足りなかったため、ポイント数が足りず困惑が話題になりましたが、最新情報で提示された基準項目では、日本から中国に駐在する一般的な経歴のビジネスマン(大学卒業、就労経験10数年、年俸、滞在期間、中国語など)の場合、自己採点で60点以上は獲得できる(B類(専門人材)、総経理など)とのことで、安心できることを共有いただけました。さらに、A4×4Pもの盛りだくさんの情報を紹介いただきました!
一方、【更新就労許可】については、「有効期限日の30日前迄に、更新申請が必要」など、申請手続き時期の注意点はあるものの、多くの書類提出が要求されることもなく、さほど大きな規制強化にはなっていないとのこと。
当日は、VISAに精通される方が多かったので、深センのみならず、さらに広州、上海、香港のVISA事情の今昔物語が伺え、大変勉強になりました。
さらに、中国VISA最新情報について詳しく知りたい方は、「コンサルタント紹介」にてご掲載している宮城 紀生氏に、アクセスしてみてください。

そして本日は、大荒れの天気の中での開催。ご参加いただきありがとうございました!

Black Rainstorm Signal LogoBLACK RAINSTORM SIGNAL

毎月3回開催!新たなビジネス機会を創出する「昼メシ会」

情報交換昼メシ会
10名ほどのメンバーで1つのトピックについて、ランチをしながら気軽に情報交換をするという内容です。

【2017年7月18日(火)12時30分~ チムサーチョイ テーマ:「越境ECのビジネスモデル構築」(参加募集中)】

【2017年7月19日(水)12時30分~ 東莞/東城 テーマ:「風俗一掃摘発後の東莞の状況」(参加募集中)】

【2017年7月20日(木)12時30分~ 東莞/南城 テーマ:「これからの広東省」(参加募集中)】

【2017年8月22日(火)12時30分~ チムサーチョイ テーマ:「 幸せに導く癒しの占い」(参加募集中)】

【2017年8月23日(水)12時30分~ チムサーチョイ テーマ:「 上手な動画の撮影ノウハウをマスターしてYouTubeを楽しもう!」(参加募集中)】

【2017年8月24日(木)12時30分~ チムサーチョイ テーマ:「 知られざる美食、偽竹園ツアー」(参加募集中)】

随時更新しておりますので、参加ご希望の方は、気軽にお問い合わせください。

(48)副業大家さんから見た日本の不動産投資事情

日時:2017年5月18日(木)12時30分~14時
場所:チムサーチョイ
テーマ:副業大家さんから見た日本の不動産投資事情
主催:近藤 氏

今回の講師は、労働時間の9割を弁護士業に費やす傍ら、副業(1割)を大家さんとして稼いでいるという弁護士の近藤氏。稼ぎは副業の方が圧倒的に多いですね(笑)というほど。

不動産投資は2000年から今年で17年目、というベテランだからこそ紹介できるノウハウを紹介いただきました。

例えば、自らの実績を踏まえた「本業が多忙でも兼業ができる。」、「他の投資商品と比較するとリスクが限定的」、「不動産事業主としての実績が信用となり、新たな不動産購入にプラスに作用する相乗効果を創出する」などの不動産投資のメリットや、「空室リスク」、「物件の老朽化」などデメリットも合わせて紹介。

特に、興味深かったのは、1位 恵比寿、2位 吉祥寺、3位 自由が丘など、「住みたい街ランキング」(日経新聞掲載)の変動状況を踏まえて不動産を選ぶという視点。選んだ物件がこの先新たな価値を生むのか、否か、そんな先見性も必要だなと感じました。

また、最近の傾向として紹介された、投資移民制度の代わりとして利用されている「経営管理VISA」。これは、日本の事業に一定期間投資することによって5年の居住権を獲得することができるというもの。近い将来、これを目的とする海外投資家の方々も増えていくのではないでしょうか?

今回は、証券会社の方、中国ビジネスを経営されている方、トレーディングの方、元ヘッジファンドマネジャーの方、ビットコインに精通された方など、「投資」において、感度が高い方々が多く参加されたこともあり、日本不動産に限らず、タイ・上海・フィリピンなど、海外不動産についても互いに情報共有。

2020年東京オリンピック後の日本の不動産価値は上がるのか、下がるのか?意見は分かれるところだそうです。

(47)未開の地のビジネス事情

日時:2017年5月15日(月)12時30分~14時
場所:チムサーチョイ
テーマ:未開の地のビジネス事情
主催:木島 英登 氏

現在、世界158カ国を車椅子で訪問し、世界のビジネス事情や、バリアフリー、インフラ整備状況を発信している「車椅子の旅人」。大手広告代理店を退社後、バリアフリー研究所を設立。最近特にニーズが高まっているのは、訪日外国人へのバリアフリー旅行情報の提供とか。2020年の東京オリンピックを控え、さらにこのバリアフリーニーズは高まるはずですね。

http://www.kijikiji.com/consultant/

ブルネイ、ドーハ、クルド、カザフスタン..etc、次から次へと語られるビジネス事情に、google mapで国の場所を一つずつ確認する始末(汗)。しかも、危険なエリアとの背中合わせの国も訪れたりと、その行動力に驚かされた。「もともと漁業が中心の国だけど、半年前に新空港が設立されたりと、今後ビジネスチャンスがあるとしたら、モーリタニア・イスラム共和国ですね」そのメッセージは、みなさましっかりメモされていましたね(笑)