4月3日(金)「骨肉の争い」

「アジアン・レビュー」を読んでいたら、珍しい人の事が書かれていた。「nut rage」(ナッツリターン事件)の大韓航空役員のチョ・ヒョナ氏だ。「2014年当時、大韓航空副社長だった彼女が客室乗務員の態度に激怒。ニューヨーク発の大韓航空便を搭乗ゲートに戻し、チーフパーサーを便から下ろした」、あのナッツリターン事件だ、、、。何でも、韓進グループを率いてきたチョ・ヒョナの父親が昨年死去。その後、大韓航空代表の座についた弟との家族間での紛争が勃発。現在に至るまで、骨肉の争いが継続してるようだ、、。古今東西に限らず、家族間(一族間)での骨肉の争い、あちこちで見受けられる。どうしょうもないんだろうなー。

このナッツ姫の妹は、確か、「水かけ姫」。マスコミのいい餌食になってるなー。

カテゴリー 日記


4月2日(木)「公開予約」

WORD PRESSを使ったこのブログ。「よく、毎日同じ時間に公開出来ますね」と言われたりする。が、何のことはない。公開時間の指定ができるため、空いた時間でこのブログを書き、公開時間を事前に予約しているだけだ、、、。先ほど、「今日のブログを書こう」とこの管理画面に入った。すると、昨日分のブログを書いたまま、公開時間の予約を忘れていた。そのため、昨日分がアップされてない。慌てて昨日分のブログをアップした訳だが、この公開予約、たまにこんな問題が発生する。毎日、同じ時間に公開できるのは、とても楽で便利。しかし、その作業を忘れた時には、その事実の把握に時間がかかる、、。公開予約、気をつけないと。

という事で、この2日分のブログ、立て続けにアップされる形になった。

カテゴリー 日記


4月1日(水)「強制隔離」

香港永久居民で、10年以上チムサチョイのホテルを定宿にしてる日本人の知人が来港した。今の香港、外国人は出入境できないが、香港人や居住権を有するものは出入境できる、、、。先月末、香港入境したこの知人、まず空港の保健検査室でコロナウイルスの検査があったとか。で、結果は陰性。が、14日間の強制隔離はマストとか。で、運の悪いことに、この知人が長年滞在していたホテル、トップの一声で宿泊拒否。仕方なく、政府指定のホテルに宿泊。が、管理がものすごく厳しく、ドアを開けたらダメ、廊下にでたらアラームが鳴って警察に通報。GPSを嵌められ、これを外したら逮捕とか、、。香港の強制隔離、ものすごく厳しい。

部屋の中で14日間過ごす、これかなりハードルが高い。

カテゴリー 日記


3月31日(火)「飛沫感染防止」

先日から、公共の場所での5人以上の集まりが禁止されている。この規則、勿論、カフェや飲食店でも適応されている、、、。昼、近くのタイ料理店で、知人と飯を食べた。まず、お店に入る前に手の消毒を要求され、それから体温検査。その後、お店の中に入ると、各テーブルのスペースが十分に取られている。これだと、新型肺炎の蔓延も阻止できるなと思った。が、それだけではない。テーブルで対面で座ることを禁止され、横同士に座ることを要求された、、。飛沫感染を恐れての処置だと思うが、横同士で並んでご飯食べる、これ案外楽しめた。コロナウイルスのお陰で、いろんな経験ができる。

5人以上の集まりを警察が巡回。2000香港ドルの罰金通知書を、即発行できるようだ。香港、何でも早い。

カテゴリー 日記


3月30日(月)「下町の中の下町」

昨日、香港の中で「下町の中の下町」と言われる「深水ポー」。ここにに出かけてみた。この深水ポー、年がら年中賑わってる街。が、流石に新型肺炎防止が騒がれるこの時期は、ひっそりしてるのだろうと思っていた、、、。ところが、行ってみてびっくり、人でごった返している。皆一応にマスクは嵌めてるが、新型肺炎の警戒をしてるようには見えない。駅前には、茶饗店が新規オープンのようで、人だかりが出来ている。また、人気のお店の前では、二重三重の人だかりができ、凄い迫力。このへんのお店には、新型肺炎によるダメージなど微塵も感じられなかった、、。相変わらずの活気に満ちた深水ポー。何だか、嬉しく感じだ。

という事で、(どんな時期でも)「儲かってる店は儲かってる」という当たり前の事、再認識できた。

<人気のパン屋さんに並ぶ人達>

カテゴリー 日記


3月29日(日)「タバコの煙」

週末の夜、知人らと夕食を食べた。場所は、尖東のイタリア料理店。日頃は、なかなか予約が入らないお店だ、、、。ところで、このお店の屋外席で食事を摂った。新型肺炎蔓延防止の中、お店側も気を使っている。各テーブルを極力離すようにしている。このへんの気遣い、大変助かるのだが、屋外席を喫煙オッケーにしている。そのため、風の向きによっては、たばこの煙が直接(顔に)飛び込んでくる。長い間、「飲食店では禁煙が当たり前」と思っていた人間には、この風の流れとともに飛び込んでくるタバコの煙、耐えがたいものだった、、。テーブルの間隔を広げても、タバコの煙の流れはコントロールできない。困ったものだ。

今日から2週間、香港では、4人以上の集まりが(基本)禁止される。飲食店にとっては、とても困る政策だろう。

カテゴリー 日記


3月28日(土)「度違い不良品」

もう1年ぐらいになるだろうか、使い捨てのコンタクトレンズを使うようになった。今までもよりも料金は張るが、快適なので気に入っている、、、。ところで、今朝、この使い捨てレンズを装着。外出した。が、なんか変。左目は問題ないが、右目が少しおかしい。本を読もうと思っても、小さな文字が見えにくい。異物感とか外見上の問題ではなく、小さな文字が見えにくかったので、他のレンズと取り替えてみた。すると、すごく不思議な事に、その取り替えたレンズでは文字の見えにくさがなくなった、、。同じような工程で製造されてるコンタクトレンズ、これらの中に度が異なるものが紛てるいるとは。少し、驚いた。

レンズの外傷とか損傷ならわかるが、度違いが紛れているとは、こんなこともあるんだなー。

カテゴリー 日記


3月27日(金)「優先順位付け」

先日、知人と話をしてたら、盛んに「優先順位付け」という言葉が飛び出した。この知人曰く、「とにかく、毎日の生活、優先順位付けをしろ」と、、、。話を聞くうちに、この知人の優先順位付け、やらない事をいかに見つけるか、これとイコールであることがわかった。日々の業務に忙殺されてる知人、優先順位付けをしないと、やらなくてはならないのに、できない事がでてくる。そこで、登場したのが「優先順位付け」のようだ。優先順位付けをするようになってから、ビジネスでもプライベートでも、時間に余裕ができ、良い方に回転するようになったとか、、。知人があれだけ強調した優先順位付け、頭に入れておこう。

日々、無意識下で行なってる優先順位付け、「これをもっと意識して行うように」。こうした、メッセージなんだろう。

カテゴリー 日記


3月26日(木)「いい経験になる」

昨晩、日本在住の知人から連絡が入った。「息子が、イスタンブール経由でミンスクに向かった。搭乗前に、帰って来れませんよと再三言われた模様」と、、、。この知人、少し前から、ベラルーシと仕事を始めた。「先に息子さんが当地に向かい、その後、この知人も出かける」、そう聞いていた。が、昨今のコロナウイルス騒動。当然、彼らの予定も延期になるものとばかり思っていた。しかし、彼らは、当初の予定通り行動。コロナウイルスも何のその。当初の予定通り、動き始めていた、、。「無事に辿り着けます?」という質問に、この知人、「(息子は)若いし良い経験になる」と。確かに、これ、いい経験になりそうだ。

ウイルス騒動の中でも動き続けている人がいる、という事だ。

カテゴリー 日記


3月25日(水)「罪と罰」

先日、試しにトライしたオーディオブック。読書クラブによるドストエフスキーの「罪と罰」の解説。その後、久々に、この罪と罰を読み始めた、、、。夜、ユーチューブのチャンネルを付けると、「罪と罰、天才は人を殺しても罪にならない」という、強烈なコピー文が目に飛び込んだ。何でも、ユーチューブ大学というコーナーでの、この「罪と罰」の解説内容だった。ところで、このユーチューブ大学の「罪と罰」の解説、かなり秀逸。難解なドストエフスキーの小説が、図表にまとめられており、今まさに読書中の「罪と罰」、この内容がわかりやすく整理できた、、。このユーチューブ大学での講義(?)、だいぶ役に立った。

という事で、ユーチューブから学べる事もかなりある。

<動画上での「罪と罰」の講義>

カテゴリー 日記


次のページ »