12月14日(土)「投資家のお金の使い方」

投資家と言われる人たちの中でも、事業を持ちながら投資活動をする人たちと、純然たる投資家では、だいぶ趣きが異なってくる、、、。特に、大きく異なってくる点は、お金の使い方。事業家や事業家兼投資家の人たちは、出費することに対して抵抗が少ない。それどころか、お金を使って増やすという考え方なので、使うべきところではよく使う。一方、純然たる投資家と思われる人たち。財布の紐が異常に硬い。「あれだけ資産があるのに、何でこれだけ節約する」と思う場面がよくある。唯一、彼らの財布の紐が緩むのは、「大きくリターンが見込める」と思われる時だけだ、、。こうしてみると、投資家と事業家のお金の使い方、だいぶ違う。

彼らと付き合う時は、事業家なのか投資家なのか、見極める必要がある。

カテゴリー 日記


12月13日(金)「ラーメン忘年会」

昨晩の忘年会は、ラーメン同好会のなかでの集まり。その名も、「ラーメン忘年会」だった、、、。ところで、この忘年会、締めのラーメンの前に、かなりの料理が出た。思いつくままに、サラダ、豆腐、餃子、たこ焼き。それから、牛タンに卵焼き、焼き鳥にサイコロステーキ。ホタテにホタルイカに鯖料理。もう、十二分に堪能したと思ったら、その後、締めのラーメン。ちゃんぽんを頼んだが、それが超大盛り。普通サイズでも食べきれないような時に、この特大大盛りのちゃんぽん。が、「ラーメン忘年会の名前にかけても食べないと」と、何とか(二人でシェアする形で)食べ干すことができた、、。ということで、通常の夕飯の2倍近く食べた食事会だった。まあー、たまにはいいか。

ラーメン忘年会、案外面白そうな気がする。

<締めのちゃんぽん>

カテゴリー 日記


12月12日(木)「プレス加工と板金加工」

上水事務所でセミナーを行うようになってから、とんとご無沙汰してるが、以前は、昼メシ会というランチミーテイングや読書夕食会という食事会を定期的に行っていた、、、。朝、中国人の知人から連絡が入った。「以前読書夕食会に参加したが、(その時の)参加メンバーにいた板金関係の総経理を紹介して」と。読書夕食会、頻繁に行っていたので、どの会だったかという記憶が曖昧なのと、板金関係の総経理、パッと浮かぶ人がいなかったので、すぐにはわからなかった。が、話を進めるうちに、この読書会が中国の龍華で行われたもの、板金関係は、プレス加工をしてる会社の総経理である事がわかった、、。「プレス加工」と「板金加工」、自分の中では違うものだったが、ほぼ同じものとの事。勉強になった。

しかし、こうしてみると、ランチミーテイングや読書夕食会も役に立っている。どこかのタイミングで復活しよう。

カテゴリー 日記


12月11日(水)「Nation State Hacker」

昨日の上水事務所で行われたセミナー。講師の人が盛んに言ったプレーズが、「Nation State hacker」。この考え方が好きなようで、このプレーズ度々飛び出した、、、。「Nation State」は、まさに言葉の通り「国民国家」の意味(だと思う)。これに、「hacker」が加わってる。「hacker」は、コンピューターや電気回路について深い知識を持ち、その知識を元に技術的課題を解決する人達のこと。すると、ネーションステートハッカーとは、「国民国家について深い造詣を持ち、種々の問題を解決する人たち」といえるのだろうか、、。「Nation State」に「hacker」の言葉が混じることで、このプレーズ、俄然神秘性を増してきた。なかなか、カッコイイ。

枕詞を持つ人、やはり強い。

カテゴリー 日記


12月10日(火)「大きなダメージ」

香港通の知人が、久々に来港。夜、この知人お気に入りのチムサチョイ、ナッツフォードテラスにあるスペイン料理に出かけた。このスペイン料理店、以前は人気店で、事前予約がないと入れるか心配だったが、「まあー今の時期は大丈夫(だろう)」と予約なしで出かけた、、、。果たして、到着してみると、19時前後なのに、数組の客しか入ってない。また、いつもは、各テーブルを回っていたバンドも入っていない。この知人らとの夕食、話が弾み、周囲を見回してみると他の客は誰もいなくなってる。楽しく話ししてるうちに、いつの間にか遅い時間になったのかと時計を見たら、まだ夜の9時半だった、、。ちょっと前までの人気店が、夜の9時半でひっそりとしている。大変だ。

香港の飲食業会のダメージ、予想以上に大きそうだ。

カテゴリー 日記


12月9日(月)「和式トイレ」

昨日の朝、蛇口からマカオに移動。この蛇口のフェリーターミナルを訪ねたのは、ホント久々。切符を買った後、朝食。その後、トイレに向かった、、、。ところで、ここのトイレ、昔型の踏ん張り型の旧式(和式型)トイレ。「これだと嫌だなー」と洋式トイレを探したが、なかなかない。最近では、どこでも洋式トイレが主流で、和式トイレは申し訳ない程度に置かれているのが普通。それだけに、このターミナル内がすべて和式トイレなのには驚いた。が、久々に利用した和式だが、メリットもある。和式のしゃがむ姿勢は、背筋がぴっと伸びるため、お腹に力が入り、スムーズに用が足せる、、。という事で、久々の和式トイレも、いい勉強になった。

しかし、フェリータミナル内がすべて和式型のトイレとは。コストの関係だろうか?

<フェリーターミナル内の和式型トイレ>

カテゴリー 日記


12月8日(日)「ATMからお金が出ない」

知人の息子さんが、マカオで行われたカートレースの国際大会に参加。その応援で、マカオに出かけた。11月末の展示会に次いで、またマカオ。めっきり行く機会が少なくなったマカオだが、最近、なんだかマカオ付いてる、、、。ところで、このカートレースが行われるのが、「コロアン・レーシング・カート場」。波止場から結構な距離。往復のタクシー代に、飯代。それ以外に、知人の子供さんへの差し入れも必要。という事で、波止場到着後、マカオのHSBCのATMでお金をおろそうとした。が、キャンセルになる。何か間違えたかなと、またトライしたが、これもキャンセル。海外のHSBCでお金がおろせる設定を忘れている事に気付いた、、。すぐの距離とはいえ、マカオも外国。とんだ失敗をしてしまった。

以前は、どこでもお金が下ろせたHSBCのATM。しかし、これからは、その設定、注意しないと。

<レーシング・カート場でのレース>

カテゴリー 日記


12月7日(土)「メリット、デメリット」

先日、1ヶ月間使用できたコンタクトレンズを、毎日使い捨てのコンタクトに切り替えた旨、書いた。ところで、この使い捨てのコンタクトレンズ、これにも問題がある事がわかった、、、。昼過ぎ、ジムに運動に行った。走って、泳いで、筋トレにサウナというコースだ。ところで、プールで泳ぐ前に、はたと気が付いた。「(目から取り出した)コンタクトを入れるケースがない」と。毎日使い捨てのコンタクトだと、その日で使い切るので、ケースや保存液がセットで提供されてない。店側としても、使い捨てコンタクトレンズを何日も使用してもらっても困るので、ケースや保存液を提供しないのだと思うが、、。便利に思える1日使い捨てにも、多少の問題がある事がわかった。まあ、非常に小さな問題だが。

という事で、プールで泳ぐ日は、2日分のコンタクトが必要になることになった。

カテゴリー 日記


12月6日(金)「嫌われる勇気」

「嫌われる勇気」というと、数年前に出版されたベストセラー作品。1920年代の心理学者アドラーの提唱する「アドラー心理学」をわかりやすくまとめた本だ、、、。知人とユーチューブの話をしてたら、一つのサイトを紹介された。このサイト、出版された本を、色んな角度から分析するもの。丁度、「嫌われる勇気」についても、解説してたので、覗いてみた。すると、本の内容を端的に解説している。この本のポイントは、①原因論の否定、②課題の分離、③タテの関係をつくるな、この3つだと。なるほど、言われてみれば、確かにそうだ、、。解説を聞きながら、また「嫌われる勇気」読みたくなった。

他の人の読み方を参考に、また本を読んでみる。これ、面白そうだ。

カテゴリー 日記


12月5日(木)「気温の感じ方」

この数日ですっかり寒くなった香港の気温。先ほど表示を見たら、15.8度。一方、昨日まで滞在した日本。東京の気温が15.7度だった、、、。15.8度も15.7度も、ほぼ同じような気温。ただ、これが、滞在する場所によって感じ方がだいぶ変わってくる。東京の15.7度だと、そんなに寒さを感じない。それどころか、生暖かさを感じたりもする。人々の格好も、春先や秋の格好だ。が、これが、香港の15.8度になると、だいぶ寒さを感じる。道ゆく人達も、ダウンジャケットにコート。真冬の装いになる、、。同じような気温でも、その場所場所で感じ方も、だいぶ変わってくる。

という事で、今年の香港、だいぶ肌寒くなりそうな感じがする。

カテゴリー 日記


次のページ »