9月22日(金)「唐突な終わり方」

香港にいる時はほとんど見ないテレビ番組を、日本滞在時はたまに見る。先日も、NHKのニュースウオッチ9をみていたのだが、番組が唐突な終わり方をした、、、。通常、テレビ番組は、その枠があり、番組の始まりと終わりは挨拶や音楽があり、わかるような感じだった。が、このニュースウオッチ9、女性のキャスターが次のクローズアップ現代プラスにうまく誘導。いつの間にか次の番組に切り替わった。ところで、「このニュースウオッチ9を見た後はテレビを消して作業を」と思っていたが、テレビ局の思惑に引っかかり、そのままズルズルとクローズアップ現代を見る羽目になった、、。視聴率競争とは縁遠いと思っていたNHKのこの政策、テレビ局も大変なんだろう。

しかし、テレビ局の巧妙な戦略。日本で自分の時間の確保、大変そうだ。

カテゴリー 日記


9月21日(木)「大量の折込広告」

関西地区で内装業を営む知人。集客ツールの一つは新聞への折込広告。ただ、「最近新聞の購読者が減ってるので困っている」と言っていた、、、。用があり実家に帰った。たまには地元の地方紙を見ようとして、驚いた。新聞の中に折込広告が入っているのだが、この量が半端なく多い。「新聞より厚いんじゃないか」と思うほどの、大量の折込広告だ。スーパーの安売りから、薬、栄養剤の宣伝、イベントの紹介等々。まだまだ田舎では折込広告真っ盛りだ。街に出ても、都会以上に高齢者が目立つ。こうした高齢者にとっては、ネットよりも新聞。ネット上の広告宣伝よりも、折込広告なんだろう、、。何だかタイムスリップした感じだが、日本の田舎、まだまだ狙える。

関西地区で内装業の知人、「拠点を田舎に移す」も、ありかもしれない。

カテゴリー 日記


9月20日(水)「安い年俸」

先日、セ・リーグの優勝を決めたタイガース戦で決勝打を打ったカープのバチスタ。その年俸は520万。何と優勝を決めたカープの選手の平均年俸は、12球団中11位との事だ、、、。12球団1選手の平均年俸が高いのが、ソフトバンクの7013万円。これに対してカープは、2767万円。何と、4割にも満たない。これ、カープ球団がお金に対して渋いのか、はたまた若手の育成が上手で無駄な金を使ってないのか。その両方だと思うが、カープ球団は笑いが止まらないだろう。安いコストに、抜群の集客力。その興行収入に加えて、各種グッズや広告収入、、。「球団(会社)経営の鏡」のようなカープ。真似するチームも現れるのだろう。

年俸の高いソフトバンクと年俸の安いカープ。その日本シリーズになれば面白いのだが、、。

カテゴリー 日記


9月19日(火)「秋の始まり」

暑かった夏から、少しずつ秋の気配を感じるようになった。一番その事を感じさせるのは、朝ベッドから起き出す時。涼しくなってくるに連れ、朝ベッドから飛び出すのを億劫に感じるようになる、、、。他の皆はどんな感じか知らないが、自分自身は、涼しくなればなるほど、冬場になればなるほど、朝ベッドから飛び出すのが面倒になる。目は覚めてるのだが、行動を開始するのにストップがかかる。「後5分、後5分」と延長するうちに、あっと言う間に30分経過。そんな事はザラだ。これから秋が深まるに連れ、朝いかに飛び起きるかが重要なテーマになってくる、、。暑かった夏ももう時期終わり。さー、秋の始まりだ。

ところで、秋を感じさせるものは何だろう。「秋刀魚」、「鈴虫」、「紅葉」、、。

カテゴリー 日記


9月18日(月)「左右の足の大きさが違う」

履きなれた靴が傷んできたので、先日、新しい靴を買った。早速、この靴を履いてる訳だが、ちょっとした事に気付いた。「自分の右足と左足では、その幅の広さが違う」と、、、。右足と左足、見た目には、大きさはほぼ同じ。しかし、同じサイズの靴を履くのに、右足はすんなり入るが、左足はなかなか入らない。左足を靴に差し込むために、毎回靴紐を緩めなければならない。最初は、靴の大きさが左右違うのかと思っていたが、よく眺めてみてもほとんど同じ大きさ。人生50年を越えて始めて、自分の足の左右の幅の広さが違う事に気が付いた、、。長年付き合ってる自分の体だが、わかってるようでわからない(知らない)事が多いんだろうな。

次回の靴の購入、注意しないと。しかし、左右幅の広さの違う靴、売ってないだろうな~。

カテゴリー 日記


9月17日(日)「Good News」

早朝、ジムに泳ぎに行くと、日頃は顔を見せない管理者がいる。挨拶の後、「Good News」があると言う。「何?」と聞いたら、「18日から30日まで、清掃に入るのでプール使えない」と。暫くプールが使えないのは全然「Good News」ではない。「何故(いいニュース)?」と、聞いてみた。すると、「プールが綺麗に清掃されるので、(それ以降)清潔な所で泳げる。いいニュースだろう」という事だった、、、。通常、清掃でプールが使えないのは、ジム利用者からすれば、ネガディブな話。しかし、このジム管理者から「いいニュース」と言われると、清掃のためプールが使えない事もいい事のように聞こえてきた、、。人の感情は、その言葉によって大きく左右される。ジム管理者から学ばせてもらった。

いいように丸め込まれた気もしないでもないが、いい勉強にはなった。

カテゴリー 日記


9月16日(土)「ここ一番に弱い」

なんと59年ぶりという、セパ両リーグの同日のV達成。その期待が高まったプロ野球。ソフトバンクは敵地で勝利したが、カープは地元で逆転負けを喫した、、、。2年連続の優勝までマジック1。優勝はするのだろうが、どうもカープは、ここ一番の勝負に弱い。昨年の日本シリーズ第6戦。勝てば、翌日は黒田VS大谷の大一番。ここでずっこけて以来、今年のセ・リーグ開幕戦も負け。また、交流戦の首位決定戦も、ソフトバンクにいいようにやられ惨敗。2年連続の優勝間近なので自力はあるのだろうが、ここ一番では力が出ない。このままだと、短期決戦のクライマックスシリーズ、日本シリーズも期待できないのだろうな~、、。パ・リーグ覇者ソフトバンクとの力の差を感じた1日だった。

昨年の日ハムにしろ、今年のソフトバンクにしろ、ここ一番に強い。ベンチの差なんだろうか?

カテゴリー 日記


9月15日(金)「読み方へのこだわり」

もうだいぶ前の話だが、柿木(かきき)という知人がいた。よく「かきのき」と間違えられたのだが、ある時先生から「どっちだ?」と聞かれて、「どちらでもいい」と答えたら、しこたま怒られた。そんな事があった、、、。上海在住の先輩が、遊びに来た。この先輩、「◯ようじ」という名前だが、会社のメールアドレスでは、「◯◯YOUJI」となっている。が、個人アドレスを聞いたら、「◯◯YOJI」。「U」がない。その旨聞いたら、「別にどちらでもいいけど」と素っ気ない返事。名前を英語に変換する時は、「U」をつけたりつけなかったり、その時の状況で使い分けてるようだ、、。名前の読み方については、先の先生のように強いこだわりを持つ人も入れば、上海の先輩みたいな人もいる。面白い。

名前の読み方にこだわってみるのも、案外面白そうだ。

カテゴリー 日記


9月14日(木)「heartとmind」

辞書で引くと、「heart」は「心、心臓」、「mind」は「心、精神」とある。「heart」も「mind」も同じような意味の言葉と思っていた、、、。カナダ人の知人と話していたら、この「heart」と「mind」の話になった。彼曰く、「より自然で本能に近い部分での心の感覚が、「heart」。これが「mind」になると、そこに「logic」や「calculation」が加わり、自然でなくなる。我々がより大事にしたい感覚は、「heart」の方」、こんな趣旨だった。通常、我々は、「heart」も「mind」も心と訳し、同じような意味で捉えているが、欧米人からすれば、そこには大きな違いがある事がわかった、、。今後は、「heart」と「mind」の使い方、十分注意する事にしよう。

とすると、漱石の「こころ」の標題は、「mind」それとも「heart」?

カテゴリー 日記


9月13日(水)「ボヤ騒ぎ」

昨日の早朝、弊社事務所でボヤ騒ぎがあった。誰かが間違えて非常用ボタンを押したようだが、消防車も駆けつける騒ぎになった、、、。朝、スタッフから電話があった。「事務所が火事のようでロビーに人だかりができてる。エレベーターも動かない」と。非常ベルが鳴り続けてる中、特に気にしないで作業を続けていたが、「ちょっとまずいな」と、非常用階段から外に出た。ところが、外に出てわかったが、これボヤ。怒った顔の消防団員とすれ違った。火事じゃなかったので喜ばしい話だが、ボヤ騒ぎで呼ばれた消防団員もいい迷惑な話だっただろう、、。早朝からのボヤ騒ぎ、特に大した問題もなく、いい経験といえばいい経験だった。

ところで、11階までの非常階段の乗り降り、結構大変。これもいい経験だった。

<事務所ロビーから引き上げる消防団員>

カテゴリー 日記


次のページ »