10月22日(月)「早朝の忘れ物」

早朝、家を出る時に、ジャケットを着ていこいうかどうか迷った。最近、涼しくなったので着ていこうと、これを身に着けて外に出てから、気が付いた。携帯電話、キーケース、手帳、ハンカチ等を、家の中に置き忘れている事に、、、。ジャケットに気を取られて、諸々を持って出るのを忘れた訳だが、これ、ちょっと困った。時刻は、朝6時前。嫁も子供も寝てる時間だ。家の呼び出しベルも故障中。何度か玄関のドアを叩くが、これも聞こえないようだ。携帯はないが、カバンの中にパソコンがあったので、メールで連絡を入れた。「すぐ、玄関のドア開けて!!」と、、。結局、1時間程経った7時前に、嫁が起き出して玄関を開けてくれた。朝の貴重な1時間、無駄に過ごしたな~。

しかし、これ、いい教訓。早朝の忘れ物、十分注意しないと。

カテゴリー 日記


10月21日(日)「空前のミルクティ・ブーム」

昨日、知人の主催する「実験都市深セン、電気街ツアー」に参加した、、、。深セン、華強北地区にある電子街。ここにあるインキュベーションセンターや各お店を、知人の解説で見て回る。極稀に、ここに来ることもあるが、違う人間の解説で見て回る。これ、結構楽しい体験だった。ところで、この電気街の路面には、珈琲、紅茶を売る店が数多く見られた。知人の解説によると台湾系の「貢茶(GONG CHA)」というところが、ミルクティブームの火付け役とか。ここの繁盛する姿を見ると、すぐ隣に「皇茶(ROYAL TEA)」という競合店が出来たとか。その後、何やかやで、この華強北地区には、10数店舗の似たようなお店が登場したとか、、。華強北地区のミルクティ戦争、どこが勝ち残るのか、面白い。

1つのお店が2杯目半額を打ち出すと、もう1店舗は2杯目無料で応えるらしい。まさに、資本主義だ。

<熾烈な戦い、「貢茶」と「皇帝茶」>

カテゴリー 日記


10月20日(土)「塩コーヒー」

先日、カフェでモーニングセットを注文。飲み物は、ホットコーヒーを頼んだ。コーヒー用のミルクは付いてきたが、砂糖がない。よく見ると、小さな小皿に砂糖らしきものが、少量盛られている。「洒落たお店では、こんな(洒落た)形で砂糖も出すのか」と、これをコーヒーに入れた。その後、コーヒーを飲んで、「何、これ?」と思った。何とも言えない、変わった味。小皿に盛られた砂糖と思ったものは、「塩」だった。この塩、ゆで卵用。多分、ウエートレスが砂糖を持ってくるのを忘れて、ゆで卵用に盛られた塩を砂糖と間違えた訳だが、この「塩コーヒー」、少しずつ飲み進めるうちに、何とも奥行きのある味わい深いものである事がわかった、、。今度、真面目に塩コーヒー、試してみよう。

苦手の酸味が抑えられた「塩コーヒー」。ファンになりそうだ。

カテゴリー 日記


10月19日(金)「家族一丸」

昨晩のクライマックスシリーズのカープVSジャイアンツ戦。重苦しい球場内の雰囲気を一変させたのは、今シーズン限りの引退を表明してる新井だった、、、。好投のジャイアンツ田口のもと、2塁も踏めないカープ。1点リードされ、8回もツーアウトランナー無し。そこから、松山が四球で出塁。そして、代打新井の登場。ここで、球場の雰囲気が変わった。物凄い歓声の中、代走上本が盗塁を決める。その後、新井がレフト線への同点2塁打。仕上げは、新井をお兄さんと慕う菊池の3ランホームラン。これで、勝負あった、、。重苦しい雰囲気の中、球場の雰囲気を一変させた新井。(このままカープが日本シリーズに進出すれば、)対戦相手にとっては、とても厄介な存在だろう。

ところで、新井と菊池のヒーローインタビュー。「家族一丸」という言葉が聞かれた。選手の気持ちが一つになったカープ、強そうだ。

カテゴリー 日記


10月18日(木)「キャッシュレス化」

通常、福岡経由で実家に帰る際は、新幹線、ローカルの在来線の乗り継ぎになる、、、。以前、スイカでホーム内に入り、たまたま止まってる在来電車に飛び乗った事がある。すると、それは特急電車。回ってきた車掌さんから、「特急料金300円が必要です」と言われた。「スイカで支払えますか?」と聞いたら、「ノー」。「信用カードは?」、「これもノー」。「現金のみです」と。1万円札を出すと、この車掌さん、お釣りの持ち合わせがなく、結局15分後ぐらいのお金のやり取りになった、、。2027年までにキャッシュレス比率を4割まで引き上げると、国が大号令を発しているようだが、ホント日本のキャッシュレス化進むのだろうか。

飲食店では、未だに現金のみというお店が多い。戸惑う外国人、多いのだろうな~。

カテゴリー 日記


10月17日(水)「世代交代」

昨晩、夕食後に知人とアイリッシュパブに行った。そこでは、サッカー日本代表とウルグアイの国際親善試合のテレビ中継が行われていた、、、。お店に入ったのは、夜9時過ぎ。試合は2対1で日本がリードしてる。フォワードのソアレスは出てないが、カバーニその他の主力は出場してるウルグアイ。ほぼ、ベストメンバーだ。その、ロシアW盃ベスト8、世界ランキング5位のウルグアイと堂々の打ち合いをしている。後半、同点に追いつかれたが、堂安、南野の連続ゴールで勝利をもぎ取った、、。20歳の堂安に23歳の南野、司令塔の中島は24歳。あっという間に世代交代が出来た感のある日本代表。昨晩の勝利は大きな自信になった事だろう。

香川、乾が控える攻撃的MFのポジション。南野ら若手とのレギュラー争い、熾烈を極める事だろう。

カテゴリー 日記


10月16日(火)「話を真剣に聞く」

本を読んでたら、面白い事が書かれていた。すごく繁盛してる(ブスの)銀座のママさん、その繁盛の秘訣は、「①相手の名前を呼んで話かける、②相手の話を相手の目を見ながら真剣に聞く」ということのようだ、、、。先日の昼メシ会のテーマは、「パートナーシップ」について。女性参加者が多い、常日頃とは違う雰囲気の中で行われた昼メシ会。この中で、先の2つの秘訣を、(特に)しっかり実践してる人がいた。占星術による占いを行ってる知人だ。名前を呼んで話しかけるし、また、相手の目を見ながら真剣に話を聞く。特に、相手の目を見ながらの話を聞く姿は真剣そのものだった、、。ちょっと前に本で読んだことが、スーッと腑に落ちた瞬間だった。

「いかに話を真剣に聞く」、このテーマも面白そうだ。

カテゴリー 日記


10月15日(月)「80歳からの自立」

四国に住む知人のお母さん。もう年齢が80歳を越えてるようだが、「このままだとボケてしまう。東京で1人で生活したい」と言ってきたようだ、、、。息子家族との同居生活に飽きが来たのか、それとも自分自身の自立心でそう思ったのか。知人は、このお母さんの気持ちを尊重。東京でマンションを購入。そこで、お母さんの一人暮らしが始まったようだ。そうは言っても、お母さんの事が気にかかる子供たち。定期的にお母さんを訪ねるようだが、お母さんは元気そのもののようだ。環境が変わり、身近に頼れる人がいないと、ピシッとなるだろうし、ボケにくくなるだろう、、。しかし、80歳を越えてからの自立、ホント大したものだ。

歳を重ねると、ちょっとした移動も嫌になると聞く。そうした中、自分から環境を変えるこのお母さん、なかなか凄い。

カテゴリー 日記


10月14日(日)「握りこぶしで泳ぐ」

朝夕めっきり涼しくなってきた香港。それを一番感じるのが、朝、屋外プールに入る時だ、、、。ところで、プールで泳ぎながら、先日知人から聞いた話を思い出した。「握りこぶしの状態で泳ぐと、体が沈んでくる。そのため、腹筋が鍛えられる」と。そう言えば、泳ぐ時は、手のひらは開いた状態になっている。「握りこぶし(グー)の状態だとどうだろう」と、早速、試してみた。すると、この握りこぶしの状態で泳ぐのは、なんかしっくりこない。手を開いた状態だと、水かきも簡単だし、調整もしやすい。しかし、握りこぶしのままだと、体が沈みそうで落ち着かない、、。という事で腹筋が鍛えられるのだろうが、あまり握りこぶしの状態で泳ぎたくないな~。

ところで、この握りこぶし、クロールで試したが、背泳ぎとかだったらどうなんだろう?

カテゴリー 日記


10月13日(土)「作業と仕事」

本を読んでたら面白い事が書かれていた。「トヨタでは、昨日と同じ事をすることを「作業」と呼び、新しいことにチャレンジすることのみ「仕事」と呼ぶ」と、、、。通常、我々の会社での毎日は、同じような形の繰り返しだ。決まった時間に会社に行き、メールのチェックや顧客対応。昼休みをとった後は、また同じような事の繰り返し。定時になったり、やる必要のある事が終わったら、帰宅の途につく。皆多かれ少なかれ、このような形だと思うが、トヨタ式に言うと、これらは「仕事」ではなく、「作業」ということになる、、。作業の中にも「主作業」や「付随作業」等、色々あると思う。が、「新しいことにチャレンジすることのみ仕事」、この言葉、なんとも重い。

これ、「日々改善が必要」という事なんだろう。

カテゴリー 日記


次のページ »