12月2日(水)「裏技」

中国から香港への通関、中国人団体客でほどよく込んでいる。この「ほどよく」が曲者。どの列も結構並んでいる。かといって、引き返すほどではない。あきらめて待つことにする。ただ、いろいろ観察してると面白いことがわかる。何組かの人達が、列を飛ばして一番前に割り込んでいく。どうも、一番最初に諮問台(ENQUIRY)に行き交渉(早く行かないと飛行機に遅れる、、、とかだろう)、その後、係員の誘導で一番前をゲットしている。特に他の客からのクレームも出ない。なるほど、この方法だ。心臓の強さに自信のある人、トライしてみたらどうだろう。交渉力が向上すること、間違いなしだ。

ふと、思った。採算ベースにのるかどうかはわからないが、通関の込み具合を伝えるサービスがあれば、助かる。「待ち時間予想、羅湖25分、福田10分、深セン湾15分、、、」とか。あと、「並びや」とかも(もし存在すれば)、旧正月の時期とかは重宝しそうだ。