12月14日(月)「通り抜けのコツ」

香港入境時の荷物検査で、たまに捕まる。捕まるといっても、別にへんなものを持ち込む込む訳じゃないし、荷物の再検査(X線を通すだけでいい)で済むので、特にたいしたことはない。が、朝の慌しい時間にとめられたりするとムッとする。人相、挙動、恰好、荷物の大きさ、、、何を基準に担当係員は人を止めてるのだろう。多分、一番は挙動じゃないかと思う。ためしに、立ってる係員数人にぶつからんほどに直進してみた。すると面白い、一様に体をずらそうとして、止めるどころではない。近づくものからは避け、逃げようとするものは追う。おそらく、本能だろう。これから、この突撃方法でいこう。

たまに、麻薬犬もいたりする。犬も、同じだろうか。でも犬にためすのは、ちょっと怖い気がする。