5月3日(月)「街の表情」

広東省、中山(ちゅうざん)市は、珠江デルタの中南部に位置する。ここは、中国建国の父、孫文の出生地としても有名だ、、、。先日、この中山に、ほんと10年ぶりぐらいだろうか、行く機会があった。ところで、この中山の入管、対応がいい。たまたまかもしれないが、パスポートを差し出すと、ニーハオと挨拶された。作業も迅速、よく躾けられてる感じだ。入管員の対応評価も、深圳あたりの3段階評価ではなく、5段階評価になっている。サービスに力を入れているのだろう。また、隣接する東莞、深圳に比べて、通りも広々としている。町並みもきれいだ。多分、住みやすいんだろう、、、。街には街独自の雰囲気、表情があって面白い。いろんなところ、見て回ろう。

以前、江蘇省蘇州市の役所が、シンガポールの指導のもと、「とてもいいサービスを提供する」、と聞いた事がある。市政府、役所関係の優れたサービス、いい売り物になると思う。

P1147_28-04-10

中山埠頭に聳える、タワー。