5月8日(土)「足し算から引き算へ」

スティーブ・ジョブスと松下幸之助を、比較した本を読んだ。その中に、マイナスの経営が米国式、プラスの経営が日本式と。でも、このプラスとマイナスの経営、根っこは同じ。ただ、そのアプローチの仕方が違う、、、そのような趣旨のことが書かれていた。ところで、このプラスとマイナスを、実生活で応用してみることにした。毎日、日課で行っていることがいくつかある。今までは単純にプラス(足し算)で管理してきた。それを、マイナス(引き算)に変えてみた。例えば、毎日のジョギング。5月7日で合計が602回、5月8日だと603回、、、。これを、最初に800回の目標設定。そうすると目標達成までの残が、5月7日だと198回、5月8日では197回、、、。先に目標設定、そこから毎日差し引いていく。これも新鮮で面白い。しばらく試してみよう。

この逆算方式だと、目標達成時に、また更なる目標を立てなければなならない。目標がなくなった時が、生きる意味がなくなる時なんだろうか。