5月9日(日)「困った問題」

パフィーというネコを飼っている。去年の秋口からだから、もう半年以上になる。このパフィー、いたずら好きだ。よく噛み付くし、物も壊す。そのせいで、皆からよく怒られる。しかし、半年も一緒に住むと、愛情もわいてくる。、、、。ところで、困った問題が一つ。このパフィー、寝室で家族と一緒に寝るのだが、皆の足元が寝る際の定位置。そうすると、寝返りをうつと、足がパフィーに触れたりする。すると、足にガブリと噛み付いてくる。怒って噛んでくるのではなく、愛情表現として噛んでくるのだと思うが、寝ぼけている時には鬱陶しい。そこで、この数日、寝室からパフィーを閉め出してみた。すると、大変。ミャーミャー、ミャーミャー、一晩中泣きっ放しだ。家族の一員なのに、なんで入れてくれない、という抗議なんだろう。でも、入れないとうるさいし、入れると足を噛まれて起こされる、、、困った問題だ。

このパフィーに、足を噛まれる感じは、夜中に蚊がブンブン飛び回る感じに似てる。目くじらを立てるほどではないが、鬱陶しい、そんな感じだ。このパフイーの足噛み、目覚めの時だけに限定してくれれば、いいサービスになるんだが、、、。

P2115_08-05-10

ぬいぐるみと遊ぶ、パフィー。