5月12日(水)「割り込みで感じた事」

嫌いな事の一つに、「割り込まれる」ことがある。ただ、通常と違うのは、自身の後ろに割り込まれるのは、何ら気にならない点と、割り込ませた人にも、文句をつけたくなること。羅湖やマカオの出入境の際に、よくクレームをつけ回ったものだ、、、。先日、久しぶりで、すごいラッシュにかかった。深圳湾の通関の外まで、人で溢れていた。ここで、数人が受付に問い合わせるか何かのふりして、かなり前の方に割り込んだ。以前なら、猛烈に腹が立つはずだが、今回は意外と冷静だった。割り込んだ人達は、後ろからの視線が気になるのだろう。ちらちら、落ち着かない顔で、ふり返っている。その顔をみながら、割り込んだ罰は十分に受けてると感じだ。以前は、割り込みで得する「ずるさ」に腹をたてたが、今回は、将来、十分割り込みの代償を受けるであろうことがわかったので、さほど、腹立たなかったのだと思う、、、。割り込み一つで、いい勉強になった。たまには、ラッシュもいいもんだ。

「ずるさ」は、顔に出易いと思う。度々、ずるさを繰り返すと、そのような顔になる。気をつけなくてはならない。