5月14日(金)「IFRSに関する誤解」

日本では、2015年に強制適用予定の、IFRS(国際会計基準)に関する、誤った情報が出回っているようだ。その誤解を解くために、金融庁は、「IFRSに関する誤解」という説明文書を発表、、、。その文書によると、①IFRSは非上場企業には適応されない。②ITシステムの全面的な見直し、必要ない。③時価評価の範囲は、現行の基準と大きく変わらない、、、大まかには、このような内容らしい。また、IFRSの上場企業への強制適用は、2012年を持って判断するようだ、、、。日本基準から国際基準への移行、そこでは笑う人も、泣く人もいる。

現在、IFRSを公開企業に強制してない主要国は、アメリカ、スイス、台湾、日本らしい。スイス、台湾が乗り遅れてるのは、何故だろう。