5月21日(金)「爪楊枝」

「爪楊枝」というと、長さ10cm程度の木の棒、先端を尖らせて、歯の間に詰まった食べかすを取る道具だ。日用生活品を扱うS社長によると、近年、この「爪楊枝」の、米国、ヨーロッパ(特にイタリア、スペイン)での需要が増えてるようだ。イタリアでは、「サムライ」「サヨナラ」「ゲイシャ」などのネーミングの爪楊枝が人気のようだ、、、。このように、日本発祥で世界に浸透してるものの話を聞けば、嬉しくなる。きっと、いろんな面白いものがあるんだろう。

そう言えば、イタリアでは、「タタミ・ベッド」も人気だと聞いた事がある。日本商品の売り込み先として、面白いかもしれない。