5月27日(木)「高等戦略」

中国語で「招聘」というと、人材募集の意味だが、先日、中国、深センの3ツ星ホテルの入口で、この「招聘」の看板をみた。後方業務とフロント業務の女性スタッフを募集する内容だった。まず、年齢の提示があり、その後に面白い条件がある。後方業務の女性は、身長158cm以上、フロント業務は、160cm以上、、、。どうも、中国では容姿端麗の条件の1つに、身長が高いことも含まれているようだ。よく、「彼女は、容姿はいいけど、背が低い、、、」と言った話も聞く。あと、このホテルのもう一つの条件は、「形象好」。思わず、一体どんな女性が働いているのか、ホテルに入って、眺めてみた、、、。でも、(ホテル側は意識してないと思うが)これって、高等な営業戦略だ。同じように、用もないのに、ホテルの中に入って来る人間いるだろう。うまく加工すれば、嫌味のない、いい営業ツールになりそうだ。

ところで、このホテルの「形象好」の応募で落とされた女性は、一体どんな気持ちになるのだろう。人事ながら、心配させられた。

P1323_23-05-10

上記「招聘」の看板。



5月26日(水)「ラクダ肉」

もう、今は亡き先輩から、ラクダ肉について、聞いた事がある。シルクロードのウルムチかトルファンか、ホテルは確かホリデイー・インだったと思う。そのレストランの中に、ラクダの顔の剥製が置いてあり、ラクダ肉もメニューにあったと。そこで、ラクダの肉を食べた事を、先輩は、興奮気味に話していた。その味についてよりも、ラクダ肉を食べたという事実に重きが置かれていたが、、、。最近、エジプトでは、ラクダの肉が人気のようだ。牛肉、羊肉よりも安価で、赤身が主の、健康にいいとされるのが、人気の秘訣のようだ。羊肉にスパイスを混ぜ、鉄串にさして、炭火で焼くのが、「コフタ」と呼ばれる伝統的なエジプト料理らしいが、最近、この羊肉に3割程度のラクダ肉を混ぜるのが、人気のようだ、、、。でも、世界は広い。ぜひ、このラクダ肉が混ざったコフタ、味わってみたいものだ。

ところで、エジプトはビール発祥の地らしい。エンマー小麦を使った、「古代エジプトビール」もあるらしい。どんな味がするんだろー。