5月31日(月)「個性派俳優」

イージーライダーで競演した、ジャック・ニコルソンとデニス・ポッパーは、ともに屈指の個性派俳優。特に、狂人役では、その右に出るのは、なかなかいないのではないか、、、。そのデニス・ポッパーが、前立腺がんによる合併症で死去したとの報道があった。デニス・ホッパーと言って忘れられないのは、1980年代中頃の作品だと思うが、「ブルーベルベット」。その中での狂人役は、すごかった。地でやってんじゃないか、と思ったほどだ。でも、このような個性派の訃報を聞くのは、寂しい。もう20年以上経つが、この「ブルーベルベット」もう一度見てみよう。

ところでこのポッパー、彫刻家でもあったようだ。そう言えば、ニコルソンも美術コレクターとして有名だ。芸術家と狂人、紙一重ということだろうか。



5月30日(日)「永遠のテーマ」

先日、中国在住、芸達者で、2歳の女の子の父親、N氏と、会う機会があった。仕事の話の時は、眠そうにしていたN氏も、教育、子育ての話になった途端、目が輝きだした。そのN氏から飛び出した言葉が、「子育ては、人類永遠のテーマ」、、、。最近、感じる事に、「子供は何でも真似るものだ」と言うのがある。テレビだけ見てる人間が、いくら口うるさく「勉強しろ」「本を読め」と言っても、なかなか勉強しようとしない。一方、口やかましく言わなくても、親が読書や勉強の習慣を行動で示せば、子供は自然と勉強したり読書をするようになるようだ。子育てについてあれこれ考えるより、なってもらいたい子供の理想像に、自分がなるのが早そうだ。子供に幸せなってもらいたければ、まず自分が幸せになる。子供に前向きな生活を送ってもらいたければ、まず自分が前向きになる、、、。子育てについては、いろんな話を聞く。本当に、「人類永遠のテーマ」だ。

「子育て」「ブログ」で検索してみると、約2億2千万強の検索件数が出てくる。やはり、子育ては、普遍的な「永遠のテーマ」何だろう。