6月28日(月)「最強部隊」

「組織」という言葉を、辞書で引くと、<共通の目標を有し、目標達成のために共働を行う、複数の人々>とある、、、。組織論に詳しいF氏に、最強軍人部隊について聞いてみた。将軍「アメリカ人」、将校「ドイツ人」、兵隊「日本人」、これがF氏の考えうる最強の組織編成のようだ。すべてを統括する指揮官には、アメリカ人、現場監督には、ドイツ人、現場は日本人、この組み合わせがいいようだ。規律を重んじ、集団意識の強い日本人は、兵隊に向くとのこと。ちなみに、F氏の考える最弱部隊は、将軍「中国人」、将校「日本人」、兵隊「アメリカ人」、、、。いろんな考え方があって、面白い。

ところで、F氏の尊敬する軍人は、米国のスプーランス中将という人らしい。人の話をよく聞きながらも、初志貫徹の人だったらしい。今度、本で読んでみよう。