10月2日(日)「続ける訓練」

最近、息子が、クラリネットの練習を始めた。何でも、学校で楽器練習の課題があり、トランペット、トロンボーン、フルートなどの、金管、木管楽器の中から、クラリネットを選んだようだ、、、。特に、深い意味があってクラリネットを選んだわけではないようだが、子供の時から楽器の練習をするのは、とてもいい。まず、楽譜が読めるようになるし、リズム感も尽く。また、情操教育にもなるので、人間の価値感情を養える。あと、もう一つ。これは、物事を続けさせる、いい練習になる。今は下手でも、続けられて、それなりに弾けるようになれば、自信にもつながるだろう、、。続ける訓練としても、このクラリネット、とてもいい。

ところで、この息子、他の曲には全く興味を示さないが、モーツアルトのクラリネット曲だけは聴いていた。「興味付け」、これが大事だ。