10月18日(火)「香港6000計画」

香港政府の、「香港6000計画」。対象者は、永久居民ID保持者。先日、この申請を行った、、、。この計画、香港に600万強といわれる永久居民ID保持者へ、政府がHK$6000(6万円)を支払う、というもの。どんな内容にしろ、もらえるのは嬉しい。近くの銀行に、申請に行った。申請は、いたって簡単。所定の用紙に詳細を記入。後日銀行から、申請完了のメイルが届く。それから、10週間後に申請した口座に6000HK$が振込まれる。ところで、この香港6000計画、財政出動による景気刺激策と言われている。財政的に潤ってる香港政府の、黒字還元の一環だろう。でも、これで幾つかの事がわかる。まず、香港の人口700万弱で、18歳以上の永久居民ID保持者が600万、というのは多過ぎる。永久居民で、香港外居住の人間がいかに多いかと言う事。あと、条件も設けないで、一律で払うところが香港らしい。永久居民でも、香港人限定にも出来たはず、、。ちょっと時間かかるが、10週間後、この6000ドル、何に使おう。

ところで、この申請、香港の銀行または郵便局でできる。郵便局は、126局。銀行は、21行、1100あまりの支店があるらしい。狭い香港に、何とも多い。