10月10日(水)「イケアで昼寝」

北京在住の知人から、面白い話を聞いた。何と、北京の「イケア」のベッド(勿論、売り物)では、昼寝をする子供や、親子連れがいるとか。しかも、この昼寝をする人達、昼寝だけの確信犯との事だ、、、。今更ながら、イケア(IKEA)は、スウェーデン発祥の家具販売店。世界中に出店していて、そのデザインセンスの良さには定評がある。ところで、この知人、イケアで昼寝する中国人を称して、民度が低いと言っていた。確かに、販売用ベッドに子供を昼寝させる中国人も凄いが、もっと凄いのはイケアだ。通常、家具屋のベッドはきれいだが、イマイチ実感が沸かない。そこに、気持ちよく寝てる子供がいれば、途端にリアリティを増す。また、この昼寝した子供達の中から、「買ってくれ」と親にねだる子もでてくるだろう。それにこの話、香港まで伝わるぐらいだ。地元では、結構話題になってるのだろう。昼寝してる人達の見学客もいるはずだ、、。この商品ベッドでの昼寝行為で、ベッドシーツは汚れるが、それ以上の有り余る効果がある。イケア、恐るべき会社だ。

ただで昼寝出来、得したと思ってる人達が、実は、販売促進の役目を果たしている。何とも面白い。