10月31日(水)「苛つき」

たまに、昼飯を食べに行く、ラーメン屋がある。つい先日の事。まだ昼の早い時間、客は3−4組だけ。味噌ラーメンと餃子、それにアイスコーヒーを注文した。まず、アイスコーヒー、それから味噌ラーメンが出てきた。が、ラーメンを食べ終わっても、餃子が出て来ない。やっと、餃子が焼き上がったかと思ったら、その餃子、残りの2つのテーブルに運ばれた。ところが、この2つのテーブル、まだラーメンも何も出されてない、、、。給仕の初歩的ミスだが、その件にイラッときた。その事を指摘、餃子をキャンセルして店を出ようとも思ったが、こんな事で腹を立ててもしょうがない、と思い直した。よく考えて見れば、怒るほどの事ではない。また、文句をつけたところで、店や給仕の対応が変わるわけでもない。嫌だったら、店に行かなければいいだけの事。クレームを付けても、腹を立てても一銭の得にもならない、、。と、餃子を待つ間、こんな事を思った。これ、意外に貴重な時間だった。

ところで、この店、サービスはイマイチだが、ラーメンは美味い。次回、この店に行くべきかどうか、非常に迷う。



10月30日(火)北京②「車規制」

北京と上海、その所有される車の数、どちらが多いとお思いだろうか?答えは北京。520万台の車が走っているとか。一方の上海は、車制限のため、400万台にも満たないようだ、、、。北京と言うと、「車の混雑」と言うイメージがあったが、今回は思ったほどでない。そのへんを現地の人間に聞いたら、「車制限のためじゃないか」と言っていた。何でも、今の時期は、月曜は、車の末尾が「1」と「6」。火曜は、「2」と「7」。といった具合に、月〜金で、20%の車が、走行禁止になるようだ。(ちなみに、違反走行が見つかった段階で、100人民元の罰金。1日最高800元までの罰金のようだ。)実際、月曜に、末尾が1、6の車探したが、なかなか走ってない。この規制、それなりに守られてるようだ。でも、この規制、なかなか上手だ。週に1回だったら、ドライバーにとっても、許容範囲。また、違反者からは罰金が徴収出来、これは政府収入になる、、。と言う事で、短い北京滞在中、車のプレートにばかり目が行った。でも、これも案外面白いものだ。

ところで、今朝の北京の気温、1度。10月で1度とは、さすがに「北の京」だ。

朝の北京は、さすがに車が少ない。右側に見えるのは、通称「半ズボンビル」。



10月29日(月)北京①「昼組夜組」

今の生活、典型的な朝型のそれだ。夜は、10時半頃にはベッドに入る。その代わり、朝6時前には動き出す、、、。昨日のブログで紹介した、北京での食事会、かなり面白いものだった。由緒あるレストラン。その料理のユニークさ。参加者も個性的な面々。十二分に楽しめた。その後、2次会、3次会に突入したが、これも派手なものだった。ところで、参加者の面々を見渡すと、いろいろだ。2次会、3次会と進むに連れて、疲労の色が現れてくる人がいる一方、会が進むに連れて、元気満開。力がみなぎってくる人もいる。人の持ち場は違う。ところで、この北京の知人、北京滞在時は、ほぼ毎日宴会らしい。とすると、宴会参加者を、昼組夜組に分けたらどうだろう。昼組は、食事会で徹底的に頑張る。夜組は、食事会では押さえ気味に、その後2次会、3次会で、その温存した力を炸裂させる、、。たまに参加する者には、楽しめる宴会やクラブ廻りも、ほぼ毎日ともなると調整が必要となってくるのだろう。

ところで、来月8日からの第18回共産党大会を前に、一部のカラオケ、クラブは、開いていなかった。さすがに、政治都市北京だ。

「フカヒレスープ」に、白ご飯を入れて食べる。面白い食べ方だ。