12月5日(水)「鼎泰豊(ディンタイフォン)」

「鼎泰豊」は、台北に本拠を置く、レストランチエーン。特に、その「小籠包」の味に定評がある、、、。どういう訳か、先日のソウル滞在時に、知人とこの鼎泰豊で飯を食べた。当初は、韓国風ヌードルを食べる予定だったが、明洞で見つけた鼎泰豊に吸い付けられるように入っていった。このソウルでも、鼎泰豊、人気店のようだ。12時前なのに、席はぎっちり。もう数分もすると、長蛇の列ができるとか。順番待ちの人用に、待合室まで作られてる。ところで、この鼎泰豊、本場の台北で食べたことがないので、味を比較することができないが、その小籠包、おいしいにはおいしい。が、30分も待って食べるほどのものかと言ったら、それもちょっと疑問、と言った感じの味だった、、。でも、ここの小籠包を食べたことで、本場の台北の鼎泰豊に行きたくなったし、香港や深センにあるであろう鼎泰豊にも、どこかでトライしようと思う。台北、ソウル、香港の鼎泰豊の食べ比べ、面白そうだ。

ところで、この鼎泰豊、さすがだ。「鼎」という字、どう読むのだろうと思っていたら、ディンタイフォンで、すんなり「鼎泰豊」が出てきた。あちこちで、話題になってるのだろう。

ソウルの明洞にある、「鼎泰豊」。何故だか、日本語表示もある。