12月7日(金)「ウガンダ」

息子の友達で、ベルギー人の子がいる。この息子の友達一家、クリスマスの時期を、アフリカのウガンダで過ごすようだ、、、。何でも、ケニア、タンザニア、ウガンダと回るようで、このアフリカ旅行、これで3回目とか。このウガンダ、野生動物の宝庫らしい。幾つかの有名なナショナルパークがあるようだが、その中には、絶滅の危機に貧してるマウンテンゴリラの見れる国立公園もあるようだ。ところで、ヨーロッパからアフリカは、それほど遠い距離ではない。彼らは、日本人が、プーケットやバリ島に行く感覚で、このアフリカに行くようだ。このウガンダというと、気になるのが、エボラ出血熱。ウガンダに行く人間が、皆かかるわけではないと思うが、このエボラ熱、ちょっと気になる。息子の友達一家も、予防注射をしてから、アフリカに行くようだが、、。まだ先の話だが、来年、このエボラウイルスに侵されずに、無事帰って来た息子の友達の、ウガンダの土産話、楽しみにしていよう。

セーシェルを真西に行けば、このタンザニア、ウガンダがある。セーシェルから、船でタンザニアに行くのもありだろう。