4月26日(火)「香水文化」

フランス文化について書いてる本を読んでたら、「フランス人は、小さい時から香水をつける。これは、歯磨きと同じような日常空間」、このような旨が書かれていた、、、。先週の木、金、土と、フランス人の2人の学生がうちにホームスティした。華南地区で行われたインター校対抗のサッカーの試合に出るために、北京から来た2人だ。この2人、まだ15歳。しかし、しっかりしてる。礼儀をわきまえてるし、日本人以上に気を使う感じだ。ところで、この2人が来てから、部屋で心地良い匂いがする。彼らが付けている、香水だ。聞けば、香水をつけるのは小さい時からの習慣で、毎朝香水を付ける作業、かかした事がないようだ。以前、誰かから、「フランス人は風呂に入る回数が少ないので、その匂い消しの意味合いで香水を付ける」、と聞いた事がある。この件について聞いてみたら、「他はどうかわからないが、自分らは毎日シャワーを浴びる。しかも朝夕の2回」と答えてた、、。フランス文化の本を読んだら、フランスの子達がホームスティ。何か、因縁めいてる。

ところで、フレグランス文化は、フランスとイタリアが双璧のようだ。そう言えば、フランス発、イタリア発のブランドが多い。