4月27日(水)「自分の哲学を持つな」

「ニーチェ」と言うと、超人思想やツァラトゥストラなど、バリバリの哲学家だと思っていた、、、。日本滞在時に、ニーチェの言葉が書かれた本を購入。読んでみた。ニーチェの作品から拾い上げられた言葉が書かれている訳だが、この中に面白い表現が幾つかある。例えば、「人間的な、あまりに人間的な」から拾い上げた、「自分の哲学を持つな」という表現。バリバリの哲学家で、自らもそれを認めていたと思われるニーチェのこの表現。逆説めいてるが、凝り固まった態度より、事象にその都度柔軟に耳を傾ける方が、より「哲学をする」という事のようだ。また、一度口にした事を断固として行う事は、決断力があるようにみえる。が、これは一種の頑固ではないか、と。これらの一連のニーチェの言葉を読んで思うのは、物事に一定の法則を見出して、原理探求をする哲学に、疑問を呈しているニーチェの姿だ、、。よくは知らないが、哲学家としての自分への偏見に絶えず悩まされてたであろうニーチェ。波乱の人生だったのだろう。

哲学家が、「自分の哲学を持つな」と言う。何とも、深みのある表現だ。