6月8日(水)「国際色豊かな場」

旧正月以降、7−10名程度参加の昼メシ会というのを行ってる。トピックを基にした情報交換会、昨日が15回目の開催だった、、、。この昼メシ会、時たま国際色豊かになる。香港人が入ったり、大陸の人が交ざったり。ところで、昨日が、日本人4名に、香港人4名。主催者の日本人は、日本語と北京語を話す。1人の日本人は日本語のみ。2人の香港人は、北京語、広東語、英語を話すが、日本語がわからない。1人の香港人は、北京語、広東語、英語に加えて、流暢な日本語を話す。という事で、最初は、主催の日本人に北京語で話してもらった。しかし、香港人にとっても、ネイティブでない日本人の北京語、わかりにくかったのだろう。途中から、主催者が日本語で話し、それを日本語の得意な香港人が広東語に訳す。このような形に切り替わった。これだと、4人の日本人も、4人の香港人も、話の内容をほぼ完璧に理解できるストレスの少ない場になった、、。今後も、考えられる国際色豊かな場。そんな場への対応も、当然、考えておかないといけないな~。

こうした、香港や中国の人と話せる場は貴重。いい勉強になる。