10月12日(木)「ここぞの1発」

ワールドカップロシア大会の南米予選。3位から6位までが僅差の大接戦。17節終了時に6位のアルゼンチンが、メッシのハットトリックの大活躍でエクアドルに勝利。ワールドカップロシア大会への出場権を得た、、、。標高2800メートルのエクアドルのキトでの試合。しかも、試合序盤に1点を先制される不利な展開。これらを打破したのが、アルゼンチンの不動のエース、メッシ。12分にデイマリアとの連携で同点ゴール。同20分には逆転の1発。また、後半に、この日3点目のダメ押し点も。ここぞという時に力を発揮するあたりは、さすが大エースのメッシだ、、。メッシとデイマリアのコンビ、2018ロシア大会でも大活躍するのだろう。

逆に、17節段階で3位の南米王者チリは、ブラジル戦の敗北で予選敗退。アレックス・サンチェスにビダル、W盃で見たかったなー。