10月21日(土)「大変な田舎の宅配」

先日帰省中に、宅配会社の人が訪ねてきた。何でも黒砂糖セットを注文したようで、その代金を要求された、、、。多分、母親が注文したものだと思ったが、結構値が張る。が、肝心の母親は外出先から帰って来ない。緊急用にと渡している携帯電話も持って行ってない。そのため、こちらで立て替えてもいいかわからない。仕方なく、宅配の人に再度訪ねてきてもらう事にした。すると、「17時〜22時の間はどうか」と言う。結構、時間の幅あるのでその旨聞くと、「家を訪ねても不在の方が多い。携帯電話を持たない人も多いので、夜間の配達は立て込む」との事だった、、。携帯電話を持たない人が多い田舎の配達、業者は大変だろう。

こうしてみると、自動運転車が出始めても、宅配ビジネスは人間が担当するのだろう。