10月28日(土)「重陽節」

通常、香港ー中国の通関口が混み合うのは、香港側も中国側も、中国人、外国人のレーン。IDカードで通れる香港居民のレーンが混み合う事は、滅多にない、、、。昨晩、香港から深センに移動した。が、深セン湾の口岸口が物凄い混み方。それも、混んでるのが香港居民のレーン。その、あまりの人の多さに驚いた。香港居民の通関は、マシンにIDカードを入れて、指紋認証。そのため、ここが混み合う事は殆ど無い。「一体何だろう」と、並んでる香港人に聞いてみたら、「明日が重陽節で先祖の墓参りをする日。そのため、仕事を終えた香港人が、先祖の墓参りのため大陸に移動してる」とか、、。なるほど、そう言う事か。事情は理解できたが、それにしても物凄い混み方だった。

こうしてみると、中国人は伝統しきたりに忠実な人が多いな~。