12月1日(金)「IFCビルの形」

毎年のこの時期に、2018年度の卓上カレンダーを顧客に配る。香港を始め、日本、中国、台湾、シンガポールの祝日も記されているので、皆から重宝がられている、、、。今年分の表紙は、手書きで書かれた香港島のビュー。非常によく出来てると満足していたのだが、昨日一人の顧客から指摘があった。「描かれるセントラルのIFC(国際金融)ビルの形がおかしい」、と。確かに、よく見ると、てっぺんの部分が、カレンダーに描かれてるのはくっきりした台形の形になってるが、写真で見ると、もっと丸みを帯びている。この件を、「自称IFCビルには強い思い入れがある」と言う顧客から、こんこんと指摘された、、。しかし、世の中には面白い人がいる。

カレンダーを見て、瞬時にIFCの形の違いに気付く。この知人の視覚、半端じゃない。

<2018年度の卓上カレンダー>