1月2日(火)「年末に届ける年賀状」

通常、年が明けてから届く年賀状。また、メールの場合も、年が明けてから、続々と届き始める、、、。本来なら、年が明けてから流す年賀状(新年の挨拶)のメール、これらを、年が明ける前の28、29日に一斉に流した。「ちょっと早いですが」、と断り書きを入れてるが、暮れの28、29日では確かに早い。が、この時期に受け取るメールでの年賀状、競争相手が少ないからだろう、結構な数の返信を受け取った。ところで、年賀状の普通の挨拶が、「昨年もお世話になりました。今年も宜しく」だが、これを、「今年もお世話になりました。来年も宜しく」にしても何らおかしくないはず、、。新春ではなく年末に出す年賀状、これを恒例化するのも面白そうだ。

色んな意味で効果のあった年末に届ける年賀状。先だけど、今年の暮もそうしよう。