1月24日(水)「グレン・グールド」

「グレン・グールド」と言うと、奇人変人にして天才ピアニスト。その死後40年近く経つが、未だによく話題に登る。最近、そのグレン・グールドの演奏に凝っている、、、。凝ってると言っても、グールドの演奏曲をCDで聞くというより、演奏風景付きのユーチューブで楽しんでいる。何と言っても面白いのは、その独特の演奏スタイル。極端に小さな椅子に座り、前かがみの超前傾姿勢での演奏。奇声を発しながらの姿は、ホント独特。半端じゃない奇人変人ぶりがよくわかる。が、そこから創り出される音楽の素晴らしさ、これも素人目にもよくわかるような卓越したものだ、、。「一体どんな人生を歩んだ人なんだろう」、凄く興味をそそられる。

グールドが得意にするのがバッハ。しかし、バッハと奇声、全く似つかわしくない。