3月7日(水)「琢朗革命」

キャンプも後半戦に入り、数週間後に開幕を迎えるプロ野球。いろんな話題がある中で、注目したいのがヤクルト。特に、その攻撃陣だ、、、。昨年、一昨年とセ・リーグを制したのが広島カープ。その功労者で、「逆転のカープ」を作り出したのが、石井琢朗コーチ。その琢朗コーチがカープを退団。すぐにヤクルトの打撃コーチで迎い入れられた。山田、バレンタイン、畠山など人材は揃うヤクルト打撃陣。だが、昨年のチーム打率はリーグ最下位。この状況を、アイデアマンで熱血指導の琢朗コーチがどこまで改善できるか、、。鈴木誠也クラスの選手を一人二人作りだせば、ヤクルト優勝の目もある。新生ヤクルト打撃陣に注目だ。

監督、選手ではなくコーチが注目されるのは珍しい。それだけ、石井琢朗コーチの指導方法が卓越してるという事だろう。