4月2日(月)「いい鴨」

先日、東莞での昼メシ会の後、東城区で日本食店、カラオケ店を運営する香港人の知人を訪ねた、、、。この香港人の知人、仕事もするがよく遊ぶ。「よく学び(働き)、よく遊び」の典型のような人間だ。この知人が、この半年ほど、遊びの部分をだいぶ制限してるとか。毎日、真面目にお店に顔を出し、以前は、ほぼ毎晩のように打っていた麻雀もピタリと止めたとか。てっきり大きな決心で(これらを)止めたと思ったら、何の事はない。負けが込んで勝てなくなったのが、理由とか。で、この知人に「次回、是非やろう」と、盛んに麻雀への参戦を求められた、、。固い意志で麻雀を止めたのではなく、勝てそうないい鴨が相手だったら、進んでやる。やはり、この香港人の知人、相変わらずの知人のままだった。

しかし、いつまでも「いい鴨」扱いは、癪に障る。次回は、一泡吹かせないと。