4月5日(木)「親切な空港職員」

先日息子と訪ねた北欧。チェックインサポートというカウンターはあっても、やり方を教えるだけ。「後はすべて自分でやれ」というスタンスだった、、、。北京経由でカザフスタンの首都アスタナに向かった。ところで、香港発北京行きのフライトが、いつもの通りの遅延。また、香港で北京ーアスタナ間の搭乗券の発券が出来なかったので、「北京に着いてから忙しいな」と思っていた。まず北京で入国、空港ターミナルの移動。その後アスタナ行きのチエックイン。この作業が1時間半で終わるかなと思っていた。が、北京到着後、トランスファーカウンターを訪ねたら、これが親切な人。搭乗券の発券から、空港内でのターミナルの移動等、すべてを段取り。最後まで同行してくれた、、。やはり、アジアの空港職員、サービスがいい。

ところで、昨日の北京は雪。「4月に雪が降るのは、この10年来経験がない」と、この空港職員言っていた。香港の26度とは、えらいギャップだ。

<4月なのに、アスタナの川は一面凍っている。まだまだ、真冬だ。>