6月16日(土)「おしりの焼ける感覚」

もう何十年前だろう。池袋に「20倍カレー」というのがあった。この20倍カレー、その辛さの等級を示したもので一番辛いもの。「15分か20分の間に食べ終わったら、ポラロイドカメラで撮影。その写真を店内に貼り出してくれる」という事で、喜んでトライした事がある、、、。定期的に、四川や湖南の辛い料理をトライする集まりがある。その集まりが、昨晩あった。場所は九龍城。全くローカル色の強い店だが、繁盛している。食事は、どれもかなりの辛さ。辛いなりに美味しく味わったが、その後が大変だった、、。翌朝、飛び起きてトイレに駆け込んだ。その用を足す際の、おしりの焼けるような感覚。まさに、数十年前の20倍カレーの感覚と同じだった。

ところで、このお店の名物の「諸葛焼活魚」、なかなかいけた。