7月5日(木)「レトロチックな店」

会社の近くに、「紅ハム」という名前の茶餐店がオープンしたのが1年ほど前。すると、今度は会社の真下に「元郎」という茶餐店もオープン。これらは、いずれも香港に何店舗もお店を持つチューン店だ、、、。茶餐店の世界も、熾烈な競争の世界になってるが、そんな中、尖沙咀の駅前、トム・リーのすぐ近くに、昔ながら茶餐店がある。古いお店の造りで、従業員も昔ながらユニフォームを着ている。メニューの数も限られてるが、この店、いつも混んでいる。込み合ったこの店では、相席は当然とばかりに、空いた席に、知らない客が平然と座ってくる、、。一昔前の茶餐店を懐かしむレトロチックな客。彼らが、ここに押しかけているのだろう。たまには、こうしたお店もいい。

この昔ながらの茶餐店、ここで焼かれたパン、何とも美味しい。

<一昔前の佇まいの茶餐店>