7月11日(水)「プラス思考」

ヨーロッパ滞在中の音楽家の知人。ピアノ演奏会が行われるコンサートホールのエアコン、故障とか、、、。真夏のしかもエアコンのきかない室内。まさに、蒸し風呂の中のようだろう。ここで、正装に身を包み、ピアノの演奏に臨む。聴衆も大変だろうが、演奏する方はもっと大変。愚痴の一つでも出そうだが、この知人は違う。「汗だくで終演時にお辞儀をすれば、凄い演奏だったような演出にならないかと期待している」と。文句の1つ2つもいいたくなるような状況を、逆に1つのいい機会として捉える、、。まさに、プラス思考の極致。蒸し風呂の中での、この知人の演奏会、一体どんな感じだったのか、今度聞いてみよう。

起こった事象は、その捉え方で、どうにでも変わる。いい勉強になった。