8月5日(日)「小国比較」

今回、リヒテンシュタイン、サンマリノ、モナコ、アンドラと4つの小国を回ったが、どこもそれぞれの特徴を持った(小)国だった、、、。リヒテンシュタインは、こぶりな街の中にファイナンス関係の会社の看板をよく見かけた。国の収入がファイナンスに追うところ大きいのだろう。また、サンマリノは観光都市だ。ビーチリゾートの近隣のりミニを訪ねた観光客が来るケースが多いと思うが、観光業に頼る街だ。また、モナコは、カジノに年がら年中行われてるイベント、ここで落ちるお金が多いのだろう。また、アンドラはEUに属してないので、付加価値税(消費税)がかからない。それをめがけて、近隣のフランス人やスペイン人が買物に来るようだ、、。という事で、短かったが、いい勉強になった1週間だった。

激しい移動の毎日だったが、それなりに充実した日々だった。

<アンティーブのピカソ美術館にある「生きる喜び」。この絵を見れただけでも、来たかいがあった>