9月25日(火)「ハラハラ・ドキドキ」

先週木曜の夕方、乗り合わせたタクシー運転手。相撲好きなようなようだ。大相撲のラジオ中継を聞いている。丁度、稀勢の里VS御嶽海戦、50本の懸賞金。「4−5分で勝者は3百万円が手に入る。いい商売ですよね」と。どうも、この運転手、稀勢の里の大ファンのようだ。運転中、思わず声が飛び出るほど、稀勢の里を応援していた、、、。進退をかけた大相撲秋場所。横綱稀勢の里は、何とか10番勝って乗り切った。しかし、今場所の稀勢の里、まさにハラハラ・ドキドキの毎日だった。もう駄目と思われながら土俵際での逆転。最後に何とか体勢を入れ替えての勝利、、。あのタクシー運転手並に、ハラハラ・ドキドキ、ほっとした人も多かった事だろう。

これで、次の九州場所は気楽に迎えられるはず。是非、優勝争いに加わってもらいたいものだ。