10月11日(木)「フインランドの大学」

先日、同世代の息子のいる知人と飯を食べてると、「次男坊がフインランドの大学に行くと言ってる。何を考えてるかさっぱりわからない」と嘆いていた、、、。何でもこの次男坊、かなりのネットおたくのようだ。知人は、「この子、ずっと部屋にこもって、パソコンと向き合ってる。よく、パソコンと喋ってもいる。病気じゃないだろうか」と、真面目に言っていた。アナログな仕事スタイルで儲けまくっているこの知人からすると、部屋にこもってパスコンから離れない息子が異常(違う人種)に見えるようだ、、。しかし、17〜18ぐらいの段階で、IT大国のフインランドの大学に行くことを考えてるとは、この次男坊、なかなか有望な気がする。今後は、こんな子供たちが増えるのだろう。

IT大国を目指すフインランドやエストニアの大学。きっと、この次男坊のような面白い人材が集まるのだろう。