2月20日(水)「77歳大統領選出馬」

77歳になった時にするお祝いが「喜寿」。「いつまでも長生きが出来ますように」と祈りを込めたお祝いのようだ、、、。新聞を見ていたら、「米国のサンダース上院議員が再び出馬へ」、との見出しが目に入ってきた。確か、前回の民主党候補争いで、ヒラリー・クリントンと最後まで候補者争いを続け、バーニー旋風を巻き起こしたサンダース議員だ。その当時も高齢だったと記憶しているが、年齢を見て驚いた。何と、「77歳」という。普通には、皆から喜寿のお祝いをしてもらい、余生を健康に過ごそうと思うような年齢。その77歳で、米国大統領選に出馬を決意する、、。その気持の若さに、ホント感服した。頑張ってもらいたいものだ。

前回の選挙では、学生などの若年層から支持されたサンダース議員。今回、米国の若者たちは、どのようにジャッジするのだろう。