5月20日(月)「プロ意識」

昨日の大相撲鶴竜VS玉鷲の一戦。玉鷲が一気の押しで鶴竜を土俵外まで押し出した。この令和になって初めての金星。この後、両国の国技館は、恒例の座布団が舞う儀式。大量の座布団が飛び舞った、、、。ところで、この座布団の乱舞の犠牲になったのが、行司の式守伊之助。一つの座布団が、顔を直撃している。その痛さや半端じゃなかったと思うのだが、痛い素振りも見せずに、自らの作業を淡々と続けた。さすがに、行司の世界で最高峰の立行司まで上り詰めただけの事はある。という事で、勝った玉鷲、負けた鶴竜よりも、行司の式守伊之助に眼の行った結びの一番だった、、。行司としてのプロ意識をまざまざと見せつけられた瞬間だった。

全勝の鶴竜と栃ノ心が互いに土。俄然、優勝争いが面白くなった。