6月1日(土)「週末の日課」

パフィーという猫を飼っているが、週末、このパフィーと遊ぶのが日課になっている、、、。昼過ぎ、おしりに敷くマットを枕に、パフィーが寛いでいる。目を開けているので、寝てるわけはないようだ。ところで、このゴロンとなった状態のパフィー、その体の右側を軽く触る。すると、パフィーは右側に体を向けて、右側を見る、左側を触ると、左側に体を向け、左側を見る。こんな感じで、右側から触ったり、左側から触ったり。同じ人間が、右から左から触ってからかってるのはわかっているはずだが、本能なんだろう。触った側に、その都度体を向け、「何してるんだ」と言った感じの顔をする、、。という事で、週末は、パフィーと遊ぶのが日課になっている。

そう言えば、ちょっと前に読んだ村上春樹さんの本にも、猫とよく遊ぶ旨、書かれていた。ホント、パフィーには癒やされる。

<マットの上でくつろぐパフィー>