6月4日(火)「一長一短」

メールだとそうでもないが、WECHATのやり取りだと瞬時に返信してくる人がいる。これはこれで素晴らしいが、「あまりに早過ぎるのも問題だな」、と思う事がある、、、。先日の知人とのやり取り。まずこちらから、「ミーテイング、下記はいかがでしょうか?」と打った。その後、「○日9時AM、場所は○○で」と打つつもりだったら、瞬時に返信が入った。「お世話になっております」そして、「下記とは?すみません何を指しますか?」と。先方のタイピングのスピードが早過ぎて、ついていけなかった。WECHATなどのSNS、メールに比べて速効性があるので重宝してるが、「あまりに早過ぎる返信にも気をつけないといけないな」と思った、、。メールにWECHAT、両方とも一長一短だな。

これから、ますますメールの利用者、少なくなるのだろうな~。