11月9日(土)「1日3回の時差の調整」

香港からドバイ、それからバーレーン、そしてオマーンの首都マスカットと移動。ドバイとオマーンは、香港と4時間の時差。が、バーレーン、クエートは、また時差があり、香港と5時間差になる、、、。一口に中東と言っても、時差がある。地図を見直してみた。すると、オマーンは中東の東のはじ。すぐ北にはイランがあり、首都のマスカットからはパキスタンもすぐだ。その少し西側にドバイ。それから更に西側にバーレーン。また、その西北にクエート。こんな感じだった。という事で、オマーン、ドバイとバーレーン、クエート間の時差、よくわかった、、。しかし、「中東の地図をじっくり見る」、これ、初めての経験だった。

という事で、香港からドバイ到着で時計の時間を直し、バーレーン到着でまた直し、最後にオマーンでまた直した。1日に3回時差の調整をする。最後は、訳がわからなくなった。

<民族衣装に身を包んだオマーンの運転手>