10月3日(月)「温州グループ」

商業都市「温州」の、不動産価格はかなり高いらしい。市内だと、平米あたり3万元以上の物件、ごろごろしてるようだ。この金額、かなり高い、、、。先日、広東人の知人と会った。奥さんは、温州人。資産家の娘だ。ところで、この奥さん、旦那より財産持ちだ。何でも、温州市内の200平米規模のマンション2つを、父親から贈られたようだ。実勢価格としては、1200万元相当。「かなりの家賃収入があるだろう」、と聞いたら、貸し出してないと言う。何でも、温州人の意識は、金儲けは、外部の人間から。温州人同士では、商売という意識はないようだ。良くも悪くも仲間意識が強いのが温州人。この知人夫妻が、マンションを所有してるのがわかれば、親戚や知り合いの温州人がすぐ転がり込んでくる。勿論そこでの金のやり取りは発生しない。「ただで」、という事だ。それを見越した知人夫婦は、この2つのマンション、何の内装もほどこさないで、「さら」で置いてるようだ、、。温州人、怖い人たちだ。

この広東人、「賃貸に向くのは中国、向かないのは香港」、と。香港は、人を大事にするので、家賃滞納者がいても、なかなか追い出せない。しかし、中国では、滞納者の電気やガスを止めて、追い出すのは簡単、と言っていた。面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする