10月14日(金)デリー②「猿芝居」

ニューデリーの街を歩いていると、自称コルカタ出身というおかしな男が近づいてきた。「安心しろ、どこにも連れていかない。行きたいところを、教えるだけだから」、と言いながら、、、。インドの首都デリー。旅行者は、ここからインド各地に散らばって行く。デリーでは、その旅行者狙いの詐欺が、横行してるようだ。先ほどのコルカタ人、自分の知ってる旅行会社の方に誘導する。そこに、赤シャツ、ブレスレッドの自称警察官が登場。コルカタを取り締まるふりをしながら、これまた知り合いの旅行会社に連れて行こうとする。その旅行会社で、コミッションをもらえるのだろう。このコルカタと自称警察官、ぐるなのはすぐわかる。また、この二人の弱みも、わかりやすい。自称警察官は、写真に弱い。顔写真を取ったら、途端に勢いが失せた。また、コルカタは、尾行されるのが苦手だ。いつも、人の後ろからついて回るが、自分が付きまとわれるのは、嫌なようだ、、。と、何やかやで、彼らをからかうのも、結構楽しめる。いい暇つぶしになった。

ところで、この詐欺軍団が連れて行く旅行会社は、「DTTDC」(デリー観光開発公団)を名乗るらしい。DTTDCの名前が出たら、要注意だ。

赤い城、「ラール・キラー」。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする