12月23日(日)「厳粛な車内」

家族で、日本に移動した。ところで、成田空港から乗った京成線の車内、異常に静かだ、、、。羽田への到着便が増えたとはいえ、まだまだ成田に着く国際便が多いだろう。とすると、成田から京成線を利用、都内に移動する外国人も多いはず。実際、我々の車内にも、結構な数の外国人が乗っていた。ところで、一つの車両、6−70人ぐらい乗ってるだろうか。が、異常に静かだ。若者の二人連れが小声で話してるのと、欧米人女性が携帯で話した、それ以外は皆ほとんど無言。これ、ちょっと奇妙に感じた。車内に、通話を控えるようにとか、マナーモードでとか、書かれている。確かに、マナーの部分から言えば、申し分ない。が、活力は全く感じられない、、。社会の停滞感が極まったかのような日本社会。その脱却の一つの方法として、公共場所での行儀の良さを取り払ったらどうだろう。例えば、電車内での通話、短時間であれば、出来るような環境づくりをする。すると、今の静か過ぎる車内にも活気が出るだろうし、人の意識も少しづつ変わってくるのではないだろうか。

初めて日本を訪れる外国人、静か過ぎる車内を見て、何を思うのだろうか。

車内で携帯通話を控えるようにという表示。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(4)

  1. 山本善光

    日本に来ているんだね!

  2. CWSオーナーアドバイザー

    ごめん、家族が一緒で、今日地元に
    移動した。
    いつも、素通りで申し訳ない。

  3. 山本善光

    いえいえ、また機会があれば飲みましょう!

  4. CWSオーナーアドバイザー

    ごめん、また次回。
    いつもいつも、申し訳ない。

コメントする