6月27日(日)「上海日本人高校」

来年の春から、上海で日本人高校が開校するようだ。これは、海外にある日本人学校としては、初めてのことだ、、、。海外に住む日本人にとって、子供の進学問題は、頭の痛い問題でもある。日本人学校も、インター校も、基本的には中学まで。高校に入る段階で、日本に戻るか、海外の学校に行くか、の選択を迫られる。そういった意味では、今回の上海日本人高校は、いいモデルケースになると思う。基本的には、中国に進出する日本企業が、資金を出し、学校運営委員会が経営を担うようだ。私立高校と違い、上海の日本人社会が資金や運営を支えるようだが、子供を持つ家庭からは、喜ばれるだろう。選択肢が増えるのは、いい事だ。

ちなみに、上海日本人学校の生徒数は、世界第二位。これからも、増え続けることだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする