8月30日(金)アンマン③「治安の良さのアピール」

ヨルダンと言う国は、スマートな国だ。国境を接するのは、イスラエルにシリア、イラクに、サウジアラビア。一癖も二癖もある国ばかり。が、どこの国とも、良好な関係を築いている、、、。ちょっと前、金融機関の先輩に、ヨルダンとレバノン(その時は、レバノンにも行くつもりでいた)に行く予定と言ったら、「爆弾飛んで決まっしゃろ」と真面目に言われた。この先輩、海外駐在が20年以上のバリバリの国際派。その先輩を持ってしても、レバノンはともかく、ヨルダンの治安も悪いと思っていたようだ。そのためだろう。ヨルダンでは、TOYOTA、ホンダの日本車や、サムスンの看板は見かけても、中国人や韓国人、日本人はほとんど見かけなかった。エジプトやシリア情勢が悪化する中、皆、観光で中東に行くのを、控えるのだろう。これ、ヨルダンにとっては迷惑な話だ。が、この状況下で、「ヨルダンの治安は至っていい」と言う事を、世界にアピールできれば、これはすごい武器になる、、。死海にペトラにジェラシュ、黙っていても、人はやって来るだろう。

と言う事で、短かったヨルダンだが、何かと楽しめた。また、来たい街だ。

白い街並みの、アンマン市内。たなびく国旗は、世界一の大きさらしい。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする