12月24日(木)「悲喜こもごも」

クリスマスの日の午前と午後では、街の雰囲気が変わる。慌しい年末のにおいのする午前から、通りが歩行者専用になる16時ぐらいになると、道行く人は気合の入ったカップルと、物売りが俄然多くなる。緊張感からか、街も重々しい雰囲気に包まれる。通りを歩く人の顔も、極端だ。勝ち誇って通りを闊歩するカップルもいれば、うつむきながら足早に歩く人もいる。クリスマスって、結構罪作りな日でもある。

どうでもいいことだが、この日の花やさんには、どのくらいの注文入るんだろう。あちこちで花を持ってるカップル見かけた。通常の、5-10倍どころではないはずだ。

P2035[01]_24-12-09

マンションのクリスマス飾りつけ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする