10月28日(金)「痛し痒し」

取り立てて牛丼が好きな訳ではないので、吉野家に行く機会、そう多くない。が、最近、立て続けに2回、行く機会があった。1度は他の店があまり空いてない時。もう一度は、息子が、そこのサーモンライスを食べたいと言った時、、、。ところで、久々の吉野家だが、前とはだいぶ感じが変わった気がした。まず、店がすごく混んでいる。この暫くの間に香港人に、かなり受け入れられたかと思ったら、どうもそうではない。多いのは、フィリピン人。しかもメイドさん風の人達が、4−8名程度のグループで歓談している。皆、何かしらの食事は取るのだろうが、食後もそのまま雑談を続けるのだろう。それだけが理由ではないだろうが、そのため、店がだいぶ込んだ感じがする。彼女らは、この吉野家を、食事だけでなく、その後の社交の場としても使っているようだ。香港島に会社を持つ先輩も、11時前の吉野家は、安い朝食メニューを求めてのフィリピン人で混み合ってると言っていた、、。このたくさんのフィリピン人のお客さん、お店にとっては、痛し痒しなんだろう。

お客さんに来てもらいたいが、長居されるのは困る。お店も大変だろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする