12月4日(月)「LAYMAN」

「LAYMAN」という言葉を辞書で引くと、<(僧、牧師などに対して)平教徒、しろうと>と出ている、、、。奥さんが外国人でかつ医師免許を持つという知人と、飯を食べた。話を進めるうちに、この知人が、中国医学の勉強を本格的に始めるつもりでいる事がわかった。それも、大学生として入るところから始めるようだ。一体何が、「彼を中医学の勉強に駆り立てたのか」聞いてみた。すると、中医の素晴らしさを認識してる事。そして、夫婦喧嘩の際、奥さんから発せられる「LAYMAN」という言葉、これに対する反発心も理由の一つとか。「凡人」とか「平凡」とかの意味だろうとこの知人言っていたが、この言葉にはいつもむっとくるようだ、、。この知人、医師免許を取得して「LAYMAN」から脱出出来るだろうか。

しかし、40代半ばからの大いなる挑戦。是非、応援したいものだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 山本善光

    凄いチャレンジ精神だな!見習いたい。

  2. CHINA WORLD 社長

    俺もそう思う。

    なかなか真似出来ないよな。

コメントする